住まい・介護・お葬式・相続のお悩みを1つの窓口で|くらしの窓口    

くらしの窓口NEWS

もしもの時のために少しの貯蓄があるのですが、使い切らないと生活保護は受けれませんか?

蓄えがゼロにならないと生活保護の申請ができないという事はありません。

 

でもその金額が最低生活費を超えている場合は、

生活保護の申請をしても却下されることになります。

 

どのくらいの金額が最低生活費なのか、

具体的なものは示されてはいませんが、

世帯に今後かかってくる費用(介護費、学費、入院費など)によって変わってくるようです。

 

まずは申請の時に、全ての貯蓄と生活状況、

これからかかるお金について、

しっかり担当者に伝えましょう。

 

必要だと認められれば、

生活保護の申請も受け付けられますし、

受給した生活保護費の中から、

少しづつ貯蓄をすることも出来るようになります。

この記事をシェアする
2018/12/03
«