【任意売却】任意売却ってなに? | 愛媛県(松山・今治・大洲)で住まい・介護・お葬式・相続のお悩みをワンストップ解決|くらしの窓口    
                       
愛媛県指定住宅確保
要配慮者居住支援法人

くらしの窓口NEWS

【任意売却】任意売却ってなに?

任意売却とは、住宅ローンが残っている状態でも、銀行など融資を受けた
金融機関の承諾をもらいマイホームを売却する方法です。

例えば、変動金利で借りていたが、予想以上に金利が上がり結局返済ができなくなった場合があります。
売ろうと思っても住宅ローン債務が多く、通常の不動産売却ではどうにもできないというに、
任意売却という方法をとり、一戸建てやマンションを売却することができます。

この任意売却を利用することで、「競売」という最悪の状態を避けることができるようになります。

でも家が無くなるのなら任意売却も競売も一緒だと思いませんか?

しかし、競売で自宅を売却することになると売却額が大幅に低くなり、
返済しても残る住宅ローン債務の額が大きく残ってしまいます。

まずは、現在の支払状況と返済能力をしっかり把握して、
返済が少しでも苦しくなりそうなら相談をしてください。

早めの相談で、競売を避けたり、マイホームを維持する方法もあるかもしれません。

任意売却で不明点があればこちらをご覧ください。

任意売却の窓口

 

この記事をシェアする
2020/07/11
«