【相続対策】「うちだけは大丈夫!」って本当に大丈夫?? | 住まい・介護・お葬式・相続のお悩みを1つの窓口で|くらしの窓口    
                       
愛媛県指定住宅確保
要配慮者居住支援法人

くらしの窓口NEWS

【相続対策】「うちだけは大丈夫!」って本当に大丈夫??

親と相続について話をして、

「うちの親族は仲が良いから大丈夫!。

それに、財産なんかそんなにないから、

生前に話し合いをする必要なんてない」

と言われたことはないですか?

 

○財産の大きさは、争いの大きさと関係ない

一年間に死亡する人数は100万人以上です。

 

家庭裁判所が公表している、遺産分割に関する調停件数のデータをみると、

年間1万3000件以上、1%以上が争っているということになります。

 

「うちは財産がないからその1%に入らない」という声も聞こえてきますが、

実は、統計データの中では、相続で争っている親族のうち、

相続財産が1000万円以下で約30%、

5000万円以下の財産でみると、なんと全体の75%以上になっています。

 

争う原因は、財産の金額の大きさとは関係ないことが分かります。

 

逆に財産が少ないからという理由で、

相続対策を後延ばしにしている家庭の方が、

争っているかもしれませんね。

 

○本当にするべき相続対策

親族で相続争いに発展してしまうと、遺産口座が凍結したり、

不動産の管理がうまく出来なくなったりと、

デメリットしかありません。

 

「相続対策=相続税対策」と思い込んでいる人も多いのですが、

本当の相続対策は「分割対策・納税対策・納税対策」の

3つの対策をバランスよく行うことです。

 

どの財産を誰に分けるのか。(分割対策)

 

どの程度の相続税が発生して、現金で納めることが出来るのか。(納税対策)

 

少しでも相続税を抑えることができないか。(節税対策)

 

このなかで特に重要なのが”分割対策”です。

 

財産の大きさや節税を意識せず、家族としっかり話し合ってみましょう。

この記事をシェアする
2019/02/26
« »