住まい・介護・お葬式・相続のお悩みを1つの窓口で|くらしの窓口    

くらしの窓口NEWS

【生活保護】生活保護を受けた後で、どのくらいまで生活用品は持ってもいい?

家具や家財、衣類など生活に必要なものは

世帯の人数や世帯構成に応じて持つことが認められます。

 

趣味のものや装飾品などもその価値が低ければ、

持つことを認められます。

 

車については、原則認められないのですが、

事業用に使っていて、維持する経費とその収入を比べて、

収入の方が大きければ持つことが認められる場合もあります。

 

また公共交通機関の利用が相当困難な場所に住んでいて、

通勤で必要場合も認められる可能性があります。

 

まずは、生活保護を受けられる前に

しっかり相談をしておきましょう。

 

ただし、価値の高い貴金属、株や債権などの有価証券などは

最低限生活に必要なものではないので、

原則持つことは認められません。

この記事をシェアする
2019/02/14
« »